読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「デジゲー博2014」に行きました

ゲーム イベント

同人・インディーゲーム展示即売会の「デジゲー博2014」に行ってきました。直前まであまり行く気は無かったのですが、Oculus Riftコンテンツも色々あるということなのでそろそろちゃんと体験しておこう*1と思い足を運びました。

下記サークルのコンテンツを体験してきました

B-01ab Hydrangea『新作体感ライドシューティング』

入場したら会場の人混みに気圧されて早くも帰りたくなってしまっていたのですが、これだけは体験しておこうと思っていた作品です。

JOBAにまたがり、Oculus RiftLeap Motionを装着してWiiリモコンでオブジェクトを撃つ(コントローラのトラッキングLeap Motionで行っており、Wiiリモコンのセンサーは使っていないとのことでした)という内容です。ゲーム内ではドラゴンにまたがっているという設定で、Oculus Riftを通して振り向くとその姿が見えたりしました。こちらの電撃Onlineの記事にプレイしている様子の写真が載っています*2


電撃 - 東方新作『弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ』や『Oculus Rift』対応のゲームで大盛況の“デジゲー博2014”

ソフトの問題では無いのですが、一つ残念だったのがOculus Riftは今のところメガネ装着での利用が推奨されていないらしくて、外してやらなければならなかったことです。私は極度の近視なので、ほとんど何も見えない状態でした。今度Oculus Rift、というかHMDのコンテンツを体験するときにはコンタクトレンズを着けて行こうと思います。

A-09ab エンドレスシラフ∀kashicverse』(スコアタック版)

気を取り直して、会場で開催されていた同人シューティングゲームキャラバン*3に参加しようと立ち寄りました。

シューティングゲーム『∀kashicverse』の専用版です。ゲームデザイナーの木村祥朗氏が推していることもあり以前から気になっていたタイトルでしたが、今回はじめて触りました。シューティングゲームでありながら「コマンド入力での必殺技発動」という要素が特徴的な作品です。

ビジュアルがとても良く、オブジェクト破壊の爽快感もあるタイトルだと感じましたが、ヘッドホン無しでプレイしたため、コマンド入力して必殺技が発動したかどうかがよくわからなかったのが残念でした。

B-05b フレームシンセシスシルエットストライカー

同人シューティングゲームキャラバン二本目として、前情報で気になっていたOculus Rift対応シューティングゲームである本作を体験しました。

左右移動で敵弾などを避け、ショットで破壊するというシンプルな内容ですが、スピード感があって爽快なタイトルでした。ゲームスタート時の発射演出が凝ってたのも良かったです。まあやっぱりメガネを外してたのでよく見えてなかったんですけれども…

C-17a チームヒロポン『JumpGun!』(体験版)

サークルの方を知っていたという縁で伺いました。当たったものをジャンプさせる弾を放つ銃を駆使してゴールを目指すパズルアクションです。

鏡による反射や、ジャンプさせた敵オブジェクトやプレイヤーキャラが触れることで一定時間対応する壁の消えるスイッチといったギミックが盛り込まれていて、ステージはかなり作りこまれていると感じました。盛りだくさんだったため、開始して数面でいきなり難易度が上がって戸惑ったりしましたがなんとかクリア。道が見えた時に達成感が得られるのが良かったです。

おわりに

会場がなかなかの混雑具合ですぐ疲れてしまい、結局体験したのは以上の4サークルの作品だけでした。あとからレポートなどを読むと見てみたかったものもありますね(VOXQUEST3とかGesuidoとか)。でも楽しかったので、今度は事前にしっかり準備してから行きたいと思います。あとOculus Riftを体験するときはコンタクトレンズを忘れないように…

また、何人か知っている方と挨拶出来て良かったです。

*1:体験自体はしたことがあるのですが、その時に触れたものはただ仮想空間を見回せるだけのデモでした

*2:余談ですが、写真のプレイ中の人物は私です。撮られてることに気付いていませんでした(笑

*3:エンドレスシラフ主催のスコアアタック企画 http://endless-shirafu.com/stg_caravan_2014/