読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRESS START 2008行ってきました

2006にも行ったのですが、演奏のレベルも、選曲もそれを上回っていたと思います。
以下、簡単に感想を。

ワイルドアームズ

プレイしたことも無く、曲は「荒野の果てへ」しか知らなかったりします(バンブラDXで配信されているのを聞いて好きになった)。それでも、「荒野の果てへ」入った時壮大さに感動して思わず涙ぐみそうになったのですが、直後聞こえてきたのは調子っぱずれの口笛・・・感動も全て吹っ飛んでしまいました。口笛やったのは楽団の人らしいんですが、プロの口笛奏者を呼ぶべきだったんじゃないですかね・・・
演奏後は作曲者のなるけみちこさんも登場。意外なことに、この作品の曲がオーケストラで演奏されたのは初めてだったそうです。なるけさんは涙ぐんでしまったようです。

マリオギャラクシー

えー、Wii持ってるのにやったことなかったりします。つか演奏するのわかってたんだから買ってやっとけば良かったなあ・・・それでもプロモなどで流れたエッグプラネットだけは辛うじてわかりました。
演奏後は作曲者の近藤さんと横田さんも登場。宮本茂さんの鶴の一声で当初のメインテーマ案が没になったというエピソードも語られました(笑)。しかし社内での立場は宮本さん>近藤さんなんですねえ。まあそりゃそうか。

スペランカー

ネタに走った編曲で、会場からもたびたび笑いが起こっていました。結局クリアはしませんでしたねえ・・・

逆転裁判

ミツルギのテーマ、ナルホドのテーマ、法廷での追及、の三曲だったそうですが、何とかわかったのは体験版でも流れる最後のだけ。
編曲の岩垂さんの代表作『GRANDIA』がPRESS STARTで演奏されるのは桜井さんによると2015年だそうで(笑)。それと、9日後にPRESS START 2008と同じ会場で逆転裁判コンサートをやることに桜井さんが「異議あり!」(すごい迫力あった)してましたが、これを演目に入れたのはお前だろ、と心の中でツッコミを入れざるを得ませんでした(笑)。

サムライスピリッツ

終わったあとに三味線の方が津軽じょんがら節を演奏したのですが、手の動きがすごかったです。

若かりし頃の植松伸夫メドレー

いやあ、予習しといてよかったです。ALPHA、キングスナイト、とびだせ大作戦、魔界塔士SaGa、半熟英雄からの五曲で、半熟とALPHA以外は知ってる曲でした。
ホームページでは野島さんが一曲も知らなかった、と書かれていたのでSaGaとか半熟は無いと思っていたのですが、野島さんいわくネタだったそうです(笑)。
『スクウェアのトム・ソーヤ』もあると思っていたんですけどねえ・・・タイトルにスクウェアと入ってるのがまずかったのか、それとも割と後のほうだったから除外されたのか。

モンスターハンター

2006の再演でした。そうならそうと言ってくれれば予習したのに・・・

バテン・カイトス

てっきり戦闘曲かと思ってたら桜庭さん曰くキレイな曲である「光星煌めく旅路の果てへ」という曲でした。戦闘曲しか予習してなかった・・・
それにしても桜庭さんシャイすぎ(笑)。司会者から会場の皆さんに何か一言、と振られたら、そんな振られるなんて思っていなかったと言って、結局何も言わないで退場されてました(笑)。

Touch! Generationsメドレー

もじぴったんWiiには不意を衝かれた、これもTouch! Generationsだったのか(笑)。ちなみに登場10作品の中で唯一持ってるのがこれでした。10作の中で唯一非任天堂製だったのに特に触れられてなかったなあ・・・
スマブラXバンブラDXの楽器サンプルのおかげでほとんどの曲を知ってました(笑)。

イース

1のフィールドと2のオープニングとあとなんだったっけ?、な無難な構成。
Touch! GenerationsメドレーからMCを挟まず連続でやったあとのMCで、司会者がゲームやらない私でも知ってる曲がありました、に続いて桜井さんがイースは世界で認められてますからねえ、的な話をしたのですが、今考えると司会者の方は明らかにTouch! Generationsの方を意識してましたね(笑)。自分もこの時は素でえ、イースが?イースすげえ、と思ってました(笑)。ゲーム音楽好きな自分もイース知ったのはわりと最近ですしね。

レイトン教授と不思議な町

直前のMCで植松さんが今日までにクリアしておこうと思ってたけどクリアできなかった、とおっしゃっていました。
ナゾトキの時の曲だったみたいです。

ロックマン2

タイトル曲?、ウッドマンステージ、エアーマンステージ、クラッシュマンステージ、装備のときの?、ワイリーステージという構成で、ステージとステージの間にはクリアMEも挟まれていました。
今回は演奏している曲の入った作品のタイトルやロゴが脇のパネルに表示されたていたのですが、ロックマン2に限っては、桜井さんが手作りしたアートワークが曲の場面に合わせて切り替わって表示されました。各ステージではそこのボスが桜井流のシルエットで(なんか目が楕円で大きい)表示されてました。なんかスマブラのファイターっぽかった(笑)。
曲は大体予習してたけど、せっかくVCでダウンロードしてたんだから、今日までにクリアしとけばよかったなあ。

FF9「Melodies Of Life」

ちょろっと聴いたことあるくらいの曲だったんですが、ボーカルが良かったと思います。

アンコール1 ソニック・ザ・ヘッジホッグ

なぜか一面と二面の曲を知ってるんですが、どこで聴いたかな・・・一面のはスマブラXにも入ってますが、以前から知ってました。
アンコールなのに直後のMCでゲームに触れられてませんでしたね・・・

アンコール2 『クロノ』メドレー

物販にクロノシリーズのサントラがあった時点でバレバレ感のある演目でしたね(笑)。クロノトリガーのファンファーレ1と共に自腹で客として着ていた光田さんがステージへ。でもクロノDSの宣伝をするでもなく、クロノってもう13年前のゲームなんですねえ、という話をちょっとしてそのまま演奏へ。
トリガーからはクロノとマール〜遠い約束〜、クロノトリガー、カエルのテーマ、魔王決戦、エピローグ〜親しき仲間へ〜、クロスからは、時の傷痕とあと知らない曲がいくつか入っていました。
それにしても今回宣伝全く無かったですねえ。2006の時はMOTHER3+の宣伝を糸井さんまでやってきてかなりしてたんですが。

まとめ

口笛がアレだったり、ワイリーステージや時の傷痕などでメインメロディーが埋もれていたのを除けばかなり良かったと思います。特にTouch! Generationsメドレーが予想に反して良かったです。
次回も楽しみです。